サッカーはなぜおもしろいのか

サッカーって本当におもしろいですよね。ワールドカップの熱狂ってある種、異常でもありますよね。いろんなスポーツがあるけどなぜ、サッカーはこんなに人気があって、おもしろいのか、その答えはサッカーの1点にありました。

1点の重み

サッカーは本当に奥が深いスポーツです。ユニフォームを着た選手がサッカーボールを足をつかって相手のゴールに入れるだけという簡単なルールですが、あの広さのコートにおいて、手を使わずに11人の敵をかわして相手ゴールに入れるというのは非常に難しい行為です。これを顕著にあらわしているのが一試合での得点の量ですが、例えば野球では試合にもよりますが多いときは10点以上の得点が入ることがありますし、バスケであればそれこそ二桁得点は普通です。ではサッカーはというと、前半45分、後半45分が終わっても0対0、というのも全然珍しくありません。90分の真剣勝負の結果、1点も入らないことが珍しくないほど、サッカーでは1点をとることが難しいのです。

サッカーは芸術

サッカーでは1点をとることが非常に難しいわけですが、この難しい1点をとるために、選手全員が日々練習で培ってきたあらゆるテクニックで相手コートに攻め込み、たくみなフェイントでディフェンダーをかわし、キーパーの動きを確認し、とりにくい位置へシュートをはなつ。この一連の行為がスムーズに綺麗にかろやかに流れたプレイを見た時は誰ものが思わず感動してしまうのではないでしょうか。サッカーのプレイには星の数以上のパターンがありますが、得点が入ったときのそれまでボールをつなげたプレイはまさに芸術であり、二度と全く同じシーンを見ることはできません。サッカーとは、ありとあらゆるテクニックを駆使し、1点をとるための芸術をイメージし作るもの、だといえるでしょう。

サッカーの楽しさ

サッカーで1点をとることが非常に難しいことを記載しましたが、それがサッカーが本当におもしろい一番の理由です。何事も簡単にできるものは楽しくなく、難しいものほどおもしろい、とはよくいいますが、サッカーでは1点をとるのが難しいから、絶妙なパスや、きれのあるシュート、相手の裏をつくスルーパス等をたくみに行うのです。つまり、サッカーの本当のおもしろさを知るには、サッカーの1点をとる難しさを知る必要があります。サッカーを実際にプレイしたことはないけど、サッカーが本当に好きで、何度も試合を見に行ったり、Jリーグはテレビでかかさず見たりする人でもサッカーをしたことがなければ本当の楽しさを知ることはできないでしょう。サッカーの本当の楽しさを知るには、自らサッカーを行い、1つ1つのプレイが難しいことを感じた上で、テレビで最高のシーンをみたとき、本当のおもしろさを感じることができるでしょう。

当社は、割引サービスも実施しておりますのでHPにてご確認下さい。 お客さまがデザインされたデータは約3年間保存致しますので追加で作成も可能です。 お客様に対してデザイナーの担当が必ずひとり付き最初から最後まで責任持って対応いたします。 HPにてフットサルに関するロンヨンマガジンを随時更新しております。 プロサッカーチームも愛用のユニフォーム作成はこちら