教えます!サッカーが上手くなるコツ

サッカーって、なかなか上手くならないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。サッカーはざくっといえばユニフォームを着てボールを足で相手のゴールに入れるというシンプルなスポーツですが、そのために必要となるテクニックは非常に多いスポーツです。ここでは、簡単にマスターできるコツを紹介しますので参考にしてください。

フェイントは得意な型を作る

サッカーには非常にたくさんの技や技術があります。ユニフォームを着たプロのサッカー選手の試合を見ていると、あんなふうにドリブルできたら、あんなふうにフェイントできたら、と感じるプレイがたくさんあるのではないでしょうか。しかし、そのプレイを練習すれば自分もできる、と思うのは大間違いなのです。例えば、サッカーで重要な技術にフェイントというものがあります。これは相手を抜くための技ですが、このフェイントが上手くでき、相手を完全に抜きされるととても気持ちがいいものなので、多くの方がフェイントを練習します。しかし、フェイントほど、身体能力が必要になるものはなく、誰でもそのフェイントができるというものではありません。大事なのは、自分の筋力や体型にあったフェイントを探し、それを集中的に練習しマスターすることです。

ボールタッチのコツ

ボールタッチは誰でも最初は苦労するものです。しかし、このボールタッチをマスターしないと的確なトラップやドリブルをすることはできません。普通、ボールタッチを練習するときにみんなが練習する方法は、とにかくやさしくタッチする練習をします。これは大切なことであり、ボールタッチで失敗するときというのは大抵、大きくトラップしてしまい敵にとられる、というシーンがサッカーでは多いから当然です。しかし、ボールをやさしくタッチすればいい、というのは当たり前のことで、みんなこれができないから悩んでいるのです。では、どうすればよいかですが、タッチする方向を考えるのです。やさしくタッチするのではなく、相手がいない方向にボールが動くようにタッチするのです。そうすれば、多少トラップが大きくなっても敵にとられにくくなり、その余裕がやさいいタッチも自然に生んでくれます。

空間をみる

サッカーが上手い人、下手な人を簡単に見分ける方法があります。それは常にどこをみているか、です。下手な人はボールを見ている時間が長く、上手い人は顔をあげて常に、前や周りをみています。これは非常に重要なことで、サッカーはコートの中のどの位置にプレーヤーがいるかで、どの空間をフリースペースとみなし、活用するかが大事です。ボールばかり見ていては、当然まわりは見れないので絶妙なパスを出すこともできなければ、よい向きにドリブルをすることもできません。ただ、それはみんなわかっていても、ボールをみないとコントロールできないのです。ここがポイントですが、上手い人もタッチの瞬間はボールを見ますが、見る時間が違います。常にまわりをみながら、タッチの瞬間だけボールを見るだけでちゃんとボールコントロールができるように練習すれば、自然とまわりを見る時間のほうが長くなります。